9月1日はマテ茶の日

日本マテ茶協会|ラテンパワーの源 鉄分・ミネラル・カルシウムの宝庫 南米生まれの神秘の飲み物マテ茶をニッポン人に!

マテ茶の魅力

日本マテ茶協会

マテ茶について

マテ茶を楽しむ

協会のご案内

イベント情報

協会のご案内

日本マテ茶協会 会長あいさつ

1985年、マテ茶のすばらしさに感動しマテ茶をこよなく愛する仲間が集まり、マテ茶の普及を目的として日本マテ茶協会が発足致しました。

2020年5月で35周年を迎えました。南米のアルゼンチン、パラグアイ、ブラジルの3カ国� けでのみ生育するマテ茶は、肉料理中心の南米諸国で緑黄色野菜を代用する様に、昔から飲まれてきました。当会でも日本に於いて広く普及に努め、今ではマテ茶を「飲むサラダ」と言う愛称で呼ばれるなど、日本での認知度も上昇しています。

若い世代には、インターネットの影響もあり、抗酸化効果を期待する健康志向の飲料として注目を集めています。今後もさまざまなイベント活動等、マテ茶の普及活動に取組んで参ります。当会の活動によりマテ茶の良さをご理解頂き、日本でも多くの方々にマテ茶をお飲み頂ければ幸いです。

日本マテ茶協会 会長 北島大太朗

協会概要

日本マテ茶協会とは

1985年に発足して以来、日本でのマテ茶の普及を目的に、アルゼンチン共和国大使館、ウルグアイ東方共和国大使館、パラグアイ共和国大使館、ブラジル連邦共和国大使館の各マテ茶生産消費国と連携し、さまざまなイベントにマテ茶のコーナーを開設して試飲を中心に普及宣伝活動をしております。

日本マテ茶協会の目的

本会は、マテ茶の利用に関する正しい認識を育み、業界の安定した発展を図るため、関連する団体・学会及び政・官界ならびに報道機関との関連を密にし、会員相互の研究、互助、調整の場となると共に、海外諸国(特にマテに係わりを持つ)との交流をも進め、もって消費者の利便に寄与し、国外との経済協力の一助になる事を目的とする非営利団体です。

日本マテ茶協会の事業

お問い合わせ

日本マテ茶協会事務局

▲ ページトップに戻る

役員紹介

会長北島 大太朗日本緑茶センター株式会社 代表取締役
理事川谷 真佐枝川谷ティースクール主宰
理事前野 陽一アキュウェル・コーポレーション 代表取締役
理事佐久 太郎株式会社アトリー 代表取締役
理事引間 忠正株式会社アトリー 部長
理事渡部 暁美日本ラテンアメリカ文化交流協会会長
理事五十嵐 千洋有限会社葉楽 代表取締役
理事・事務局長三ッ國 翼日本緑茶センター株式会社
監事土方 隆司老舗ひじかた園 代表取締役

名誉会員小澤 英明元プロサッカー選手、オフィスコアンガ代表

活動� �告

会員募集

日本マテ茶協会では随時、会員を募集しております。正会員(法人・団体)と賛助会員(個人)の2種あり、別に記載の年会費を納入し、本リーフレットに添付しております入会申込書をFAXもしくは郵送にてお送りいた ければ、会員として登録し、各種ご案内を送付させて頂きます。一緒にマテ茶の普及宣伝活動にご協力いただける方ならどなたでも気軽にご入会いただけます。